見て歩き北九州発 動物 チョウ目シジミチョウ科
ツバメシジミ 燕小灰蝶 short-tailed blue
Everes argiades Cupido argiades (シノニム)
前翅長は9-19mm 3-10月、年4-5回発生
生息場所:ユーラシアの温帯に広く分布する。日本では北海道から屋久島にかけて、平地の草原や公園などで見られる。 習性:幼虫の草食はシロツメクサやカラスノエンドウなどのマメ科の植物。 和名由来:名前の由来は後翅にある尾状突起にちなんでいる。
説明の写真
普通

わりと綺麗です。

山口県 2009.6

 ※亜種はいろいろあるようですが、ほとんど、C. a. hellotia
説明の写真
翅を開きかけ


熊本県 2012.5
説明の写真
もう少し開いて


熊本県 2012.5
説明の写真
全開


熊本県 2012.5
説明の写真
翅裏アップ


熊本県 2012.5
説明の写真
翅裏

こちらは色鮮やかでない。

熊本県 2012.5
説明の写真
2頭で


熊本県 2012.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved