見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カモ目カモ科
ツクシガモ 筑紫鴨 Northern Shelduck Tadorna tadorna  
全長63cm 冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸の温帯部に広く分布し、日本へは少数が冬鳥として渡来する。干潟に生息する。 習性:首を伸ばし、くちばしをかみ合わせながら干潟の泥の表面の餌を探す。 声:「エアッ」「アッツ」

■雌雄 ほぼ同色
■夏冬 夏(繁殖期)のオスはくちばし基部にコブがある。
説明の写真
オス 春

ツクシガモは、北部九州やその近郊ではいたる所で見られます。筑紫(九州の古称)のカモだから。
繁殖期のオスはくちばし基部にコブがあります。


福岡市 2012.3
説明の写真
メス

オスよりやや小さく淡色あるいはメリハリが薄い。くちばし基部に白い線、顔に白色の印、くちばしが薄いなどの場合がある。
春でもくちばしのこぶ状突起は出ない。またくちばし付け根の上部にほとんど突起が見られない。


大分県 2006.1
説明の写真
若鳥

若鳥は次列風切先端が黒くない。顔に白い羽毛がある。

北九州市 2012.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

説明の写真
若鳥2

右上の個体は若鳥でしょう。

佐賀県 2011.12

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4


■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
冬は雌雄難解

雌雄ほぼ同色で冬はオスのクチバシ上部にコブがないので雌雄識別は難しい。


山口県 2006.1

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
オス

春に近づくと、少しわかるようになる。


北九州市 2012.2
説明の写真
メス

春に近づくと、少しわかるようになる。


北九州市 2012.2
説明の写真
 オスとメス 福岡市 2012.3
説明の写真
飛翔

佐賀県 2011.12
説明の写真
若鳥の飛翔

風切羽の薄いのが良くわかります。顔の白い羽毛も見えます。

北九州市 2012.2
説明の写真
飛翔2

佐賀県 2007.1
説明の写真
飛翔3

この年は、いつもより目立った

熊本県 2009.1
説明の写真
飛翔4


島根県 2015.2
説明の写真


次列風切の翼鏡は緑色なのですが、これを見ると少しそう見えるかも。

山口県 2017.10
Wレンジャーさん所属
説明の写真
着水の瞬間

北九州市 2010.1
説明の写真
北九州空港
連絡橋の飛翔


北九州市 2010.12

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved