見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目セキレイ科
ツメナガセキレイ 爪長鶺鴒 Yellow Wagtail Motacilla flava  
全長16.5cm 主に旅鳥
生息場所:アラスカ西部・ユーラシア大陸で繁殖し、東南アジア・インド・アフリカで越冬し、日本では主に旅鳥。水田、畑地などの農耕地、河川、海岸などで見られる。 声:「ジッジッ」、「ジーッ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
成鳥夏羽

黄色が鮮やかで夏羽です。

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

対馬 2007.5
説明の写真
幼鳥

黄色味がとても薄いです。

SWAROVSKI STS80HD (30W) + Canon S80

山口県 2009.11

■夏冬
説明の写真
冬羽

冬、見られました。渡りの鳥なのに越冬したのか。

冬羽では下面の黄色が淡い。

鹿児島県 2006.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■特徴など
説明の写真
尾羽外側は白い。


鹿児島県 2006.2
説明の写真
ツメが長い

のが良く分かります。

SWAROVSKI STS80HD (30W) + Canon S80

山口県 2009.11

■亜種(国内)  ツメナガセキレイは18亜種ほどある。
亜種ツメナガセキレイ
(キマユツメナガセキレイ)
眉斑と喉から下が黄色 東アジア・シベリア東部からサハリンの亜種、北海道北部で繁殖
亜種マミジロツメナガセキレイ 額から頭頂、頸と過眼線が青灰色で、眉斑は白い。 東アジア・カムチャツカ半島から千島列島の亜種、南西諸島で越冬
亜種キタツメナガセキレイ 眉斑がなく、目先と頬が黒い。 東アジア・ウスリーから中国北東部の亜種
亜種シベリアツメナガセキレイ 亜種マミジロツメナガセキレイに似るが、眉斑が目の後方にしかない。 西側・シベリア中部の亜種
亜種カオジロツメナガセキレイ   モンゴル北西部と中国北西端などで繁殖、インド・アフリカ東部で越冬
亜種beema 亜種マミジロツメナガセキレイに似るが、亜種顔や頭部の灰色が薄い。 カザフスタン、シベリア南西部で繁殖、インド・アラビア・アフリカ東部で越冬
その他の西側亜種  . flava、flavissima(シベリアツメナガセキレイ M.plexaを含む)、 iberiae、cinereocapilla、pygmaea、feldegg(melanogrisea含む)、lutea
説明の写真
亜種ツメナガセキレイ
(キマユツメナガセキレイ)

眉斑が黄色。


対馬 2007.5

説明の写真
亜種マミジロツメナガセキレイ

眉が白い。

対馬 2007.5
説明の写真
亜種キタツメナガセキレイ

眉斑がない。


Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4

対馬 2013.5

説明の写真
亜種シベリアツメナガセキレイ

良く見られる亜種の中では一番西側寄り。
白い眉斑が細く顔が黒い。
ツメナガセキレイ本種と一緒にいました。また、ここには亜種マミジロツメナガセキレイも一緒にいました。

対馬 2007.5

説明の写真
たぶん亜種beema

亜種マミジロツメナガセキレイに似ていますが灰色部分が薄く、白い部分は広い。

図鑑「Pipits and Wagtails of Europe, Asia and North America」で見れば、亜種beemaオス成鳥に似ているように見えます。
長崎県 2014.5


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved