見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ツル目クイナ科
ツルクイナ 鶴水鶏 Water Cock Gallicrex cinerea  
全長40cm 迷鳥
生息場所: インド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、スリランカ、タイ、大韓民国、中華人民共和国南部、台湾、朝鮮民主主義人民共和国、日本(八重山列島)、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ブータン、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス、ロシア南東部。日本では南西諸島南部で留鳥。本州中部以南で迷鳥として見られている。水田、湿地、川岸、干拓地などに生息する。 習性:薄明薄暮性で、昼間は茂みの中で休む。単独もしくはペアで生活する。 声:「コッ コッ コッ」「クル」

■雌雄
説明の写真
オス冬羽

頭頂からくちばしまでの間が黒褐色はオス特有の額板の痕跡。
クイナよりは出が良かったです。

福岡市 2009.11

Canon EOS30D + EF600mmF4×1.4

メスは、額板がなく、頭頂からくちばしまでの間が黒褐色でない。体の色と同じ色。

■夏冬 オス夏羽は、全身灰黒色で赤い額板が目立つ。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
用心深い

草の陰を移動することが多かった。溝も歩きます。用心深いです。

上の写真と同じ日同じ個体

福岡市 2009.11
説明の写真
正面から見ると

ツルッとしています。

上の写真と同じ日同じ個体

福岡市 2009.11
説明の写真
飛び立ち

上の写真と同じ日同じ個体

福岡市 2009.11
説明の写真
飛翔1

上の写真と同じ日同じ個体

福岡市 2009.11
説明の写真
飛翔2

上の写真と同じ日同じ個体

福岡市 2009.11

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved