見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カッコウ目カッコウ科
ツツドリ 筒鳥 Oriental Cuckoo Cuculus optatus  
全長32cm 夏鳥
生息場所:東南アジアからシベリアにかけて分布する渡り鳥。日本では夏鳥として渡来し、主に山地に生息する。 習性:昼間と明け方によく鳴く。鳴き声は山によく響く。托卵の習性を持つ 声:「ポポッ ポポッ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
成鳥

渡りの時期に見られました。

山口県 2015.9

Canon EOS70D + EF500mmF4II * 1.4
説明の写真
幼鳥

胸の縞模様がやや太い、目の色が黄色み、下尾筒がバフ色からツツドリです。
首まで縞模様があるので幼鳥のようです。

北九州市 2006.10

Canon EOS30D + EF400mmF5.6

■夏冬 同色
■亜種(国内) 亜種はいないが赤色型はある。

■特徴など
説明の写真
姿は見えず声はとおる

姿を見る機会は少ないです。声は良くとおり森の奥から「ポポ、ポポ」と筒を叩くような響きです。探しても見つかりません。
写真、こんなところで鳴くこともあるようです。

福岡県 2008.5
説明の写真
上と同じ個体。

福岡県 2008.5
説明の写真
トケン類は

鳴いていないと識別が難しいが、腹の横斑はカッコウより広く、ホトトギスより細い。下尾筒の横斑は太い。

山口県 2015.9
説明の写真
渡りの時期は近くで比較的見られやすい。

前から
偶然の出会いでした。

私の車の上の木に止まっていました。手に持っていたのは400mmのみ。
デジスコ出したかったけど車のな中なので出せませんでした(^-^;


北九州市 2006.10
説明の写真
メスタイプ1

ここではホトトギス幼鳥もいましたので、識別に注意を要しました。
ツツドリ幼鳥は背が茶褐色味を帯びクリーム色の羽縁が太い。

長崎県 2014.9
説明の写真
メスタイプ2

羽縁がもっと目立たなければメスに間違いなさそうですが、羽縁の薄いメスもいるらしい。しかし幼鳥かも知れない個体。

山口県 2015.9
説明の写真
ツツドリのエサ

上のツツドリが出たとき
上の1羽と成鳥2羽が出現していました。で、食べていたのはこの毛虫です。
この年、大きな台風がやって来て桜の木に毛虫がついていない年でしたが、ここは毛虫が結構いました。

山口県 2015.9

ツツドリの声
奥で「ポッポッ」と鳴いているのがツツドリ

他にセグロカッコウ、遠くホトトギスの声が入っています。トケン3種です。
広島県 2008.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved