見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ハヤブサ目ハヤブサ科
チョウゲンボウ 長元坊 Common Kestrel Falco tinnunculus  
全長オス33cm、メス38cm 北部九州では冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する。寒冷地で繁殖した個体は、冬季に南方へ渡り越冬する。日本では主に秋冬に平地の農耕地、草原で見られるが、一部繁殖している所もある。 習性:細い翼を速くはばたき、体を斜めにして、ホバリンングをする。グライディングを交え、ひらひらした感じで直線的に飛ぶ。 声:「キイ キイ キイ」

■雌雄
説明の写真
オス

頭と尾は青灰色。
初めての出会いの写真です。猛禽類としても初めてでした。家を出てすぐだったので驚きました。

苅田町 2003.12

SWAROVSKI STS80HD(20-60zoom) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
メス

全体的に褐色です。

出水市 2003.12

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
オス横姿

秋に渡来してから、ほとんど同じ場所に居ます。テリトリーは広くなさそうです。
九州では冬鳥で9中〜3月頃見られます。

苅田町  2004.1
説明の写真


上空を飛んでいます。渡りではないかと思われます。
「チョウゲンボウ」とは変な名前です。名前は、トンボの方言の一つ「ゲンザンボー」が由来という説があります。 飛んでいる姿は、下から見るとトンボのように見え、「鳥ゲンザンボー」→「チョウゲンボウ」になったという説です。

北九州市 2006.10
Canon EOS30D + EF400mmF5.6
説明の写真
秋色

こちらは、秋色をバックに撮れました。
説明の写真
可愛く見えます

お気に入りの場所に止まっているようです。
何回かここに止まりました。また近づいても割と逃げませんでした。
別のチョウゲンボウは、かなり遠かったのに、人の姿ですぐ逃げました。個体によってさまざまです。

下関市 2005.11
説明の写真
ホバリング

チョウゲンボウはホバリングが得意です。ホバリングでは1点で対空していますので、撮影しやすいです。

岡山県 2007.12
説明の写真
オス飛翔横上面

顔が分かるように

鹿児島県 2007.1
説明の写真
メス飛翔

顔は分からないけど(^^;

上と同じ日
説明の写真
くつろぎ

あられもない格好で、くつろいでいます。

長崎県 2007.10
説明の写真
おやおや

何をどうしてんのか。
説明の写真
飛び立ち

飛び立つ瞬間です。

長崎県 2007.10

■亜種(東アジア) 出展:「Birds of East Asia」
F.t. interstinctus   亜種チョウゲンボウ ヒマラヤ地方から日本 日本で見られるチョウゲンボウ、淡色型は?詳細不明
F.t. tinnunculus   亜種チョウセンチョウゲンボウ ユーラシア大陸の北方 「Birds of East Asia」の絵はこの基亜種を描いていると思われる。 オス成鳥:上面の黒色斑が小さく数も少ない。(BIRDER 2012.09)、 主に大雨覆・三列風切の黒斑は各羽の先端のみ。(♪鳥くんの野鳥図鑑670)
F.t. perpallidus   和名なし ロシア東部、中国東北部、朝鮮半島 日本の淡色個体は、亜種チョウゲンボウの淡色型か、この亜種かも知れない。「Birds of East Asia」

説明の写真
亜種チョウセンチョウゲンボウ
と思われる個体
オス成鳥

上面の黒色斑が小さく数も少ない。

長崎県 2014.10
説明の写真
亜種チョウセンチョウゲンボウ2
オス成鳥

黒斑は各羽の先端にある。
風切羽は濃いので、たんに薄いチョウゲンボウ(F.t. perpallidus )ではないようです。

長崎県 2014.10

 ・チョウゲンボウ採餌
 ・チョウゲンボウ保護

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved