見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
チュウシャクシギ 中杓鷸 Whimbrel Numenius phaeopus
全長42cm 春秋の旅鳥
生息場所:春秋の渡りの時期に渡来する旅鳥。海岸や河口の干潟に多いが、川原、水田、草地、磯などでも見られる。 習性:くちばしをねじるように穴に差込み、カニを捕らえる。群性が強く、群れで飛ぶ時は編隊をつくる。多種との混群もつくる。 声:「ホイ ピピピピピピピ」

■雌雄 同色
説明の写真
秋は見られなかったが春は良く見る。

行橋市 2004.5

KOWA TSN-664 (30*W) + Nikon COOLPIX4300

■夏冬 冬は、上面の斑が全体的に不明瞭になる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
ちょっとアップ

チュウシャクシギは、頭上の黒っぽい線が特徴です。

行橋市 2004.5
説明の写真
正面


上と同じ個体
説明の写真
お気に入りのカニ捕獲

上と同じ個体
説明の写真
バランス良く食事

上と同じ個体
説明の写真
形が違って見えますが、頭にチュウシャクシギ特徴の線模様があります。
首を縮めているのでしょう。

豊前市 2005.2

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
コンクリ

の上に立っていると何か違う鳥のように見えました。

佐賀県 2014.10
説明の写真
飛翔1

北九州市 2007.4

Canon EOS30D + EF400mm
説明の写真
飛翔2

腰は白い。

北九州市 2007.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved