見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
ワシカモメ 鷲鴎 Glaucous-winged Gull Larus glaucescens
全長61-69cm まれな冬鳥
生息場所:まれな冬鳥。主に北海道に渡来するが、西日本ではごく稀。海岸、内湾、港、河口などに生息する。岩礁のある海岸を好む傾向がある。 習性:オオセグロカモメ等の群れに数羽混じっていることが多い。食性は動物食。主に魚類や動物の死骸などを食べる。声:「ニャーオ」「アゥー」「キィーュ」

■雌雄 同色
説明の写真
北海道では普通
初列風切(尾の上の部分)と背の色が同じ。

北海道 2011.1
Canon EOS30D + EF600mmF4 × 1.4

■夏冬 冬羽では頭から胸にかけてモヤっとした灰褐色の斑が入る。
■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
背の色の違い
手前はワシカモメ、右はオオセグロカモメ、奥はシロカモメ。

北海道 2011.1
Canon EOS30D + EF600mmF4 × 1.4
説明の写真
水の浮く姿

北海道 2011.1

説明の写真
福岡県に現わる
初列風切(尾の上の部分)が背の色よりやや濃く見える。九州に現われたことからも雑個体かも知れない。
ワシカモメは大きいが、この個体は大きく感じなかった。ただワシカモメは大きさに変化があるようです。
くちばしは太くないのでメス型に見える。

福岡県 2010.2
Canon EOS30D + EF600mmF4 × 1.4
説明の写真
翼上面は

ベッタとした灰褐色で、目立って濃いところがどこにもない。
この写真では初列風切は黒っぽくないのが良くわかる。

上と同じ個体

福岡県 2010.2
説明の写真
翼下面も白い。

セグロカモメやオオセグロカモメは翼先が黒っぷいので、これは明らかにそれらとは違います。

説明の写真
フンを


しています。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved