見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ハト目ハト科
ズアカアオバト 琉球木葉木菟 Whistling Green-pigeon、Red-capped Green Pigeon Treron formosae  
全長約35cm 南方系固有種
生息場所:屋久島から南西諸島、台湾、フィリピン北部に分布する。平地から山地の常緑広葉樹林に生息するが、人家周辺の庭木にも時々現れる。 習性:主に樹上で果実や種子等を食べるが、地上で採餌することもある。 声:「ボアーオ ボアーオ」

■雌雄同色
説明の写真
頭は赤くない

日本の2亜種は共に頭が赤くないですが、台湾などに生息するズアカアオバトの別亜種は頭が赤いことから、この名前が付いているようです。

写真はメス。オスはアオバト同様に肩から羽が暗赤色。


奄美大島 2015.9

Canon EOS7D + EF500llF4 IS2 * 1.4

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
アオバトと

ほとんど似ているのですが、アオバトの腹は白っぽく、ズアカアオバトの腹は胸と同じ色です。

奄美ではどこでも見られるようですが、9月はカラスバトの声が目立つようになり、ズアカアオバトはやや見られにくいようです。探すのに苦労しました。ちなみにカラスバトはいたる所で声が聞けましたし、姿も確認できました。


奄美大島 2015.9

■亜種
  ・T.f.permagnus  ズアカアオバト(頭赤青鳩) 屋久島から沖縄本島
  ・T.f.medioximus  チュウダイズアカアオバト(中大頭赤青鳩) 先島諸島
  ・T.f.formosae  タイワンズアカアオバト(台湾頭赤青鳩) 台湾以南

説明の写真
亜種チュウダイズアカアオバト

亜種ズアカアオバトよち少し小さいらしいです。

石垣島 2017.1

Canon EOS7D + EF500llF4 IS2 * 1.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved