見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目カモメ科
ズグロカモメ 頭黒鴎 Chinese black-headed Gull Larus saundersi  
全長32cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として海岸、河口の干潟に生息する。世界的には少ないが、九州北部には多い。 習性:ある高さを水平に飛びながら餌を見つけ、急降下して干潟上に降りて捕らえる。群れをつくることもあり、他のカモメ類の群れに混じる場合も多い。 声:「ギリッ ギリッ」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
夏羽

世界的には少なく貴重な鳥です。しかし、九州北部には多いです。夏羽になると北に帰るので、頭黒が見られる期間は短いです。

佐賀県 2006.3

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
冬羽

ユリカモメと似ていますが、こちらは、くちばしが黒くて短い。
北九州市には、11月3日頃やってきました

北九州市 2003.11

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + Nikon COOLPIX4300
説明の写真
第1回冬羽

第1回冬羽は翼に茶色部分が残ります。
ズグロカモメは他のカモメ類と違って第1回冬羽までしかありません。

ズグロカモメは、カニが好きです。

北九州市 2005.11

■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
第1回冬羽2

この個体は茶色い部分が少なくなっています。

福岡市 2005.12
説明の写真
換羽中1

頭が黒くなりかけです。

熊本県 2011.2
説明の写真
換羽中2

頭が白黒まだらで換羽中です。

佐賀県 2006.3
説明の写真
飛翔1

幼羽の茶色い部分が良く見えます。


山口県 2009.11

Canon EOS30D + EF400mm F5.6
説明の写真
ダイビングの瞬間


熊本県 2011.2

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
ダイビング2


熊本県 2015.12

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
カニを

捕まえました。


熊本県 2011.2

説明の写真
カニを

飲み込んだところ。


熊本県 2011.2

説明の写真
帰る日が近い

3月上旬には夏羽になり、下旬頃帰ります。


佐賀県 2006.3

Panasonic FZ30
説明の写真
上面

頭黒状態は日本では期間が短いのであまり見られません。


佐賀県 2006.3

Panasonic FZ30
説明の写真
飛翔

下から


熊本県 2015.12

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
4月も中旬になりますがまだ居ました。
しかも冬羽のままです。

佐賀県 2006.4

Panasonic FZ30

ズグロカモメ


動画でどうぞ。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved