見て歩き北九州発 野鳥 一覧 チドリ目シギ科
アカアシシギ 赤足鷸 Red-shank Tringa totanus  
全長約28cm 北九州では旅鳥
生息場所:夏季にユーラシア大陸の温帯域等で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部やアフリカ大陸等へ南下し越冬する。日本では春秋に渡来する旅鳥。飛来数はあまり多くないが、九州・沖縄では希ではない。 習性:水深の浅い砂泥地を歩きながら、水面、泥の表面から採食する。食性は動物食で、環形動物、貝類、甲殻類、昆虫類等を食べる。冬季は単独もしくは小規模な群れを形成し生活する。 声:「ピーチョイチョイ」、「ピーピョンピョン」

■雌雄 同色
■夏冬
説明の写真
夏羽

明るい所で見ると脚とくちばしの赤さが目立ちます。
たくさんいました。

佐賀県 2006.9

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

冬羽では、足の色や嘴の色が淡くなり、体の縦斑も細くなります。
説明の写真
幼鳥

くちばしが赤くありません。各羽縁の白っぽい斑が目立ちます。

大分県 2005.9

■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
くちばしの赤み

が上下にあります。
似た種でツルシギがいますが、ツルシギはくちばし上部が黒いです。

佐賀県 2006.4
説明の写真
足は赤っぽい

足が赤っぽいシギ類はアカアシシギとツルシギだけです。
くちばしの色が見にくい場合は、くちばしの短いのがアカアシシギです。
また、足はツルシギに比べて短い。

ここは1羽だけでいました。

大分県 2005.8
説明の写真
上と同じ個体

初めて見たときの写真です。

大分県 2005.8
説明の写真
越冬

この個体は越冬しました。通常こちらは旅鳥ですが、珍しいです。

北九州市 2014.12
説明の写真
くちばしが曲がっている

越冬したこの年、最初の頃は6羽の群れでいました。うち1羽はくちばし先端が下に曲がっていました。

北九州市 2014.10

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved