見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カモ目カモ科
アカツクシガモ 赤筑紫鴨 Ruddy Shelduck Tadorna ferruginea  
全長64cm まれな冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸中部で繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸南部、中華人民共和国、朝鮮半島などへ南下し越冬する。日本では冬季に越冬のためまれに飛来(冬鳥)する。動物園などでは飼育されている。 習性:カモ類よりガン類に似た、ゆっくりとしたはばたきで飛ぶ。声:「エァッ」 「エァッ」 「アァアラララ」

■雌雄
■夏冬
説明の写真
オス夏羽

オス夏羽は頚に黒色の細い輪があります。
まだ12月ですが僅かに片りんが見えます。

島根県 2008.12

Canon EOS30D + EF600mmF4 ×1.4
説明の写真
メス

頚に黒色の輪がありません。
座っているときは首に影が出来て黒い輪があるように見えました。輪は要注意です。


島根県 2017.1

■亜種(国内) なし
■特徴など
説明の写真
冬はオスでも頚に黒色の輪はありません。
上のオスと同じ個体、写真は11月です。


島根県 2008.11

SWAROVSKI STS80HD (30w) + Canon S80
説明の写真
飛翔の姿を

どうぞ。

島根県 2017.1

説明の写真
(参考)
飼育のメス

頚に黒色の輪がありません。
これは夏に見た飼育です。公園では飼育されているのを見かけます。

福岡市
海の中道海浜公園 2002.6

OLYMPUS CAMEDIA C-3030
説明の写真
(参考)
飼育はさすがに人に慣れています。目の前を通り過ぎて行きました。

福岡市
海の中道海浜公園 2002.6

OLYMPUS CAMEDIA C-3030
説明の写真
飼育ですから、脚輪つけています。

福岡市
海の中道海浜公園 2004.10

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved