見て歩き北九州発 野鳥 一覧 ペリカン目トキ科
ヘラサギ 箆鷺 Spoonbill Platalea leucorodia  
全長86cm 冬鳥
生息場所:主に冬鳥として渡来し、沼地、水田、干潟などの水辺で見られる。 習性:くちばしをかみ合わせながら首を左右に振り、泥の中の小動物を食べる。首と足を伸ばして飛ぶ。声:「フー」「ウフー」

■雌雄 同色
説明の写真
目の周囲が特徴

クロツラヘラサギと同様にくちばしが平たいのですが、クロツラヘラサギと違って目の周りが黒くありません。

福岡市 2005.12

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 夏羽は冠羽が出て、胸や後頭部にうっすらと黄色味を帯びる。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
これも

福岡市 2005.11
説明の写真
ヘラサギとクロツラヘラサギ

ちょうど並んでくれました。手前がヘラサギです。

目の部分の違いが良く分かります。
説明の写真
ヘラサギ(左)と
クロツラヘラサギ(右)

分かりにくいかも知れませんが良くみると目の周りが違います。
説明の写真
こんな姿

こんな姿、良く目にします。

説明の写真
クロツラヘラサギが眠る中にヘラサギが起きています。
説明の写真
ヘラサギ(左)

5羽の群れでいました。そのうちヘラサギは3羽。
この冬はヘラサギが多かった。地元でもヘラサギ16羽ほどの群れが見られたようです。

下関市 2015.1
説明の写真
飛翔 佐賀県 2007.3

  ・ヘラサギの採餌
  ・ヘラサギとクロツラヘラサギの交雑個体

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved