見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カモ目カモ科
カナダガン Canada Goose Branta c. leucopareia  
全長67cm 冬鳥 飼育 野生はシジュウカラガン
生息場所:北アメリカ大陸に分布する。北アメリカでは最高11亜種に分類されている。大きさはガチョウくらい。声:「グルッフフ」

■雌雄 同色
説明の写真
カナダガンの正式和名はシジュウカラガンなのですが、北アメリカでは最高11亜種あって、 日本に来る数少ない亜種シジュウカラガンと区別するために動物園関係ではカナダガンと呼称しています。

福岡市
海の中道海浜公園
2004.10

FUJI FinePix S602
説明の写真
亜種ヒメシジュウカラガン(野生)

マガンと一緒
亜種ヒメシジュウカラガンの小ささが分かります。
特徴は、体が小さく、頸に白い輪がありません。

島根県 2006.11

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 同色
■特徴など
説明の写真
ここにもいました。

動物園のカナダガンは日本に渡来するシジュウカラガンに比べて大きいです。

宇部市 ときわ公園
2006.2

SONY DCS-W1
説明の写真
同じく、ときわ公園

これは頸に白い輪があります。
キャベツらしきものを食べています。

2005.4

■亜種(国内)
<和名について>
日本では、数少ない亜種 Branta canadensis leucopareia の和名を種全体の名前としたため、 「シジュウカラガン」と言った場合、日本に渡来する亜種を指すのか、種全体を指すのか、混乱します。 このため、動物園関係では、種名としては学名の読みであるカナダガンという名前を使っているようです。

学名 Branta canadensis は北アメリカに多く11の亜種があるようです。
 ・B.c.leucopareia シジュウカラガン
 ・B.c.minima    ヒメシジュウカラガン
 ・B.c.taverneri   チュウショウカナダガン
 ・B.c.parvipes   チュウカナダガン
 ・B.c.ocidentalis  クロカナダガン
 ・B.c.moffitti Western オオカナダガン
 ・etc

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved