見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カモ目カモ科
シジュウカラガン(四十雀雁) Cackling Goose Branta hutchinsii  
全長55-61cm まれな冬鳥
生息場所:千島列島中部〜アリューシャン列島で繁殖し、大部分は北米大陸へ、一部が東アジアに渡っていたと考えられている。日本では、まれな冬鳥で、湖沼、広い水田地帯などに生息する。 状況:繁殖地へのキツネ持込みや越冬地での狩猟により絶滅が危惧されたが、繁殖・放鳥により絶滅が回復された。 声:「グルッ」「グルッフフ」「キャク・キャク・キャク」

■雌雄 同色
■夏冬 同色
説明の写真
亜種ヒメシジュウカラガン

シジュウカラガンは北アメリカに多く、このうち亜種シジュウカラガンと亜種ヒメシジュウカラガンは日本に渡来することがあるようです。
これは体が小さく、シジュウカラガンのように頸に白い輪がありません。


島根県 2006.11

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■特徴など
説明の写真
小さい

マガンと一緒にいると亜種ヒメシジュウカラガンの小ささが分かります。
この写真では体は分かりにくいので、顔の大きさを見てください。

島根県 2006.11

■亜種
日本鳥類目録 改訂第7版(2012年)により、シジュウカラガンはカナダガンと別れました。
B.h.hutchinsii (和名なし) カナダ・グリーンランドで繁殖し、メキシコへ渡る。
B.h.leucopareia シジュウカラガン アリューシャン列島で繁殖し、アメリカ合衆国西部・日本へ渡る。
B.h.minima ヒメシジュウカラガン アラスカ西部で繁殖し、アメリカ合衆国西部・カナダ南西部へ渡る。
B.h.taverneri チュウショウカナダガン カナダ北部・アラスカ北東部で繁殖し、アメリカ合衆国南西部・メキシコへ渡る。

<参考:カナダガンについて>
シジュウカラガンとカナダガンが、同一種だった頃、動物園関係では野鳥と区別するためカナダガンという名前を使っていたようです。

説明の写真
カナダガン(飼育)

日本に渡来する野生のシジュウカラガンに比べて大きいです。首やくちばしは長い。胸に横斑は見られません。
全長65cm

福岡市
海の中道海浜公園
2004.10

FUJI FinePix S602
説明の写真
飼育、ここにもいました。

これはシジュウカラガン同様、頸に白い輪があります。
キャベツらしきものを食べています。

宇部市 ときわ公園
2005.4
説明の写真
飼育、同じくときわ公園次の年。

これは白い輪がありません。

宇部市 ときわ公園
2006.2

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved