見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目モズ科
オオモズ 大百舌 Great Grey Shrike Lanius excubitor  
全長約24cm まれな冬鳥または旅鳥
生息場所:ユーラシア大陸北部やインド中部などで繁殖し、冬期は南方に渡って越冬する。 日本では冬鳥または旅鳥として渡来するが、数は少ない。農耕地、原野、牧場、雑木林の林縁などで見られる。 習性:高いこずえなどに止まり、尾を振りながら鳴く。単独でくらす。餌をとるためにホバリングを良く行う。 声:「キチキチキチキチ」

■雌雄 ほぼ同色
説明の写真
成鳥

全体が灰色です。
モズよりは大きく、オオカラモズよりは小さい。
識別は以下似ているモズとの比較項を参照。

広島県 2011

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
幼鳥

灰色味が薄く、胸腹にウロコ模様がある。

島根県 2012.12

Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真


胸腹にウロコ模様があるが、他は成鳥に近い。

熊本県 2014.12

Canon EOS70D + EF600mmF4L * 1.4

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
翼帯の白斑は

オオカラモズのようには目立たない。

出る日や出ない日がありました。行動範囲は広いように思えます。
出たらすぐわかりました。警戒心が強いということではなさそうです。

広島県 2011
説明の写真
高い所が

好きなようです。この点は普通のモズと同じです。

広島県 2011

カワラヒワを追いかけている姿を見ました。やはりモズ類は小さな猛禽です。 オオモズ(全長24cm)はモズ(全長20cm)より大きいので、小鳥類を狙う頻度が高いかも知れません。
広島県 2011
説明の写真
バッタらしきを

捕まえて食っています。(若)

熊本県 2014.12
説明の写真
若の飛翔


熊本県 2014.12
説明の写真
こちらは

なかなか出ませんでした。やっと見られたらこれです(>_<)

鹿児島県 2007.1
説明の写真
幼鳥の姿いろいろ1


島根県 2012.12
説明の写真
幼鳥の姿いろいろ2

くちばしはモズ同様、2段の鍵型・栓抜きみたいになっています。

島根県 2012.12
説明の写真
幼鳥の飛翔

横から

島根県 2012.12
説明の写真
幼鳥の飛翔?

飛んでるのやら何やら?

島根県 2012.12
説明の写真
幼鳥の飛翔?

背中から

島根県 2012.12

<参考:似ているモズとの比較>
説明の写真
(参考)オオカラモズ

似ているオオカラモズは、オオモズやモズより大きい。
 ・オオカラモズ
   全長約28cm
 ・オオモズ
   全長約24cm
 ・モズ
   全長約20cm

オオカラモズは翼帯に白斑がある。
オオカラモズは尾がオオモズより長い。
説明の写真
(参考)高原モズ

高原モズ(モズの夏の姿)が、しばしオオモズと見間違われることがある。

モズは夏に退色し灰色味が出てくるが、オオモズほど灰色が綺麗ではない。

説明の写真
(参考)アカモズ
 亜種シマアカモズ

全長18-20cm

これも似ている。
こちらは下面が淡褐色。額と眉斑は白色部が狭く不明瞭。

高原モズ、オオモズ、亜種シマアカモズは間違われることがある。


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved