見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ホオジロ科
シマノジコ 島野路子 Chestnut Bunting Emberiza rutila
全長13.5cm まれな旅鳥
生息場所:旅鳥として渡来するが、数は少ない。低木林や林縁、農耕地で見られている。 習性:地上で草の種子を食べる。 声:地鳴き:「チッチッ」

■雌雄
説明の写真
オス1

ノジコに比べて頭部は橙色で体下面は黄色です。


対馬 2016.5

Canon EOS7D + EF500mmF4LIS2 * 1.4
説明の写真
オス2

若いか。
最初に見たとき。最初の場所では背中と頭だけしか見えず、残念でしたが、別場所で見られました。良かった。


対馬 2007.5

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

メスは淡褐色。
灰褐色の頭央線があり、眉斑と喉も灰褐色。
写真は腰が赤褐色なのが分かります。


長崎 2015.4


■夏冬 オスの冬は異色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
キマユホオジロ(奥)

と一緒でした。


対馬 2007.5
説明の写真
正面

胸は褐色です。

対馬 2007.5

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved