見て歩き北九州発 野鳥一覧 スズメ目ホオジロ科
和名、漢字名、英名、学名
シマアオジ 島青鵐 Yellow-breasted Bunting Emberiza aureola
全長13.5cm まれな旅鳥
生息場所:夏季にユーラシア大陸北部や日本で繁殖し、冬季になるとユーラシア大陸南部で越冬する。日本には亜種シマアオジが繁殖のため北海道等に飛来する。日本海側の島嶼部や南西諸島では、春秋の渡りの時期に見られることがある。数は少ない。 習性:食性は雑食で、種子、昆虫類、節足動物等を食べる。低木や草の目立つ場所でさえずる。 声:さえずり:「ティーロー ティーロー チーリーリー」、地鳴き:「チッチッ」 出典:図鑑等へ

■雌雄

オス

アオジに比べて顔全体が黒い鳥です。
北海道の夏鳥ですが、渡りの途中で見られてました。


対馬 2007.5

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

 ※メスは汚白色の頭央線眉斑が明瞭。


■夏冬 オスの冬羽では頭部にバフ色の羽毛が混じる。
■特徴など

オス別個体

顔はあまり黒っぽくなっていません。
名前のとおりアオジに似ているように見えます。
名前が似ているシマノジコノジコの関係より似ている気がします。

対馬 2006.5

のびをして花に顔を近づけていました。

同じ場所
場所柄、これから韓国方面に向かうのかも知れません。

対馬 2006.5

のびをして遠くを警戒

同じように背伸びしてます。

対馬 2016.5

メスと一緒か?

と思ったらシマアオジのメスではないようです。残念。

対馬 2016.5


■亜種
E. a. aureola   基亜種
E. a. ornata   亜種シマアオジ
HOME   RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved