見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
ツグミ 鶫 Dusky Thrush Turdus naumanni  
全長24cm 冬鳥
生息場所:夏季にシベリアで繁殖し、冬季になると中国南部などへ南下し越冬する。日本へは冬鳥として渡来する。農耕地、公園の芝原、河原など明るい開けた場所を好む。 習性:1羽ずつのことが多いが、数が多い時には群れになっているものも見られる。餌を探す時、地上で数歩ずつ歩いては立ち止まる動作を繰り返す。止まった時、胸を張り頭を上げて、背をまっすぐ伸ばす。声:「クェッ クェッ」、「キー キー」

■雌雄 同色
説明の写真
オス

ツグミは、冬場良く見かけます。


山口県 2004.12

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
メス

オスほどコントラストが強くありません。


山口県 2004.2

■特徴など
説明の写真
歩いては止まり、遠くを覗きます、そしてまた歩いては同じ動作を繰り返します。

苅田町 2004.2
説明の写真
雪の上にて

苅田町 2005.1
説明の写真
面白い構図

になりました。

長崎県 2009.4
説明の写真
アップ

春、帰る前になると慣れて近寄ってもあまり逃げません。

大阪府 2011.3
説明の写真
バトル

ツグミどうしのバトルです。

福岡市 2009.2
説明の写真
バトル


福岡市 2009.2
説明の写真
バトル


福岡市 2009.2

■夏冬 同色
■亜種(国内)
 ・亜種ツグミ  
 ・亜種ハチジョウツグミ ツグミよりは北寄りに分布。和名は八丈島で捕獲されたことに由来。
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ

胸腹の赤みのある橙褐色斑が特徴
この個体は全体的に赤みがあります。

北九州市 2011.3
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ1

胸腹は赤みのある橙褐色斑です。


山口県 2008.2
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ2

やや前から

山口県 2008.2
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ(右)と
シロハラ(左)

ツグミ類が並びました。

山口県 2008.2
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ交雑?1

背の色が薄いのでメスのように思えますが、眉斑の橙褐色が薄いので交雑の中間個体かもしれません。

山口県 2015.1
説明の写真
亜種ハチジョウツグミ交雑?2

この個体も上の個体と似ています。

佐賀県 2006.4

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved