11月の鳥など 2019.11.30

今月の状況

 【11月まとめ】 11月は当初地元のフクロウ探しを行っていましたが、アネハヅルがやって来てそこへ、また亜種カナダガンは2回見に行きました。他にはコウライアイサ探しをやりましたが今年も撃沈でした。

今月の写真

説明の写真

亜種チュウカナダン

らしい。珍しいのがやって来ました。
亜種アラスカシジュウカラガン(旧名:チュウショウカナダガン)の方が似ている気がします。難しいところか。


今月 観察した鳥など


アネハヅル やってきたばかりか警戒心が強く遠い写真しか撮れませんでした。しかも見えなくなる。成鳥のようなので長居するようならまた行きたいものです。以前撮ったのは若でしたから。
マガン マガン4羽が亜種カナダガンを連れて来たのではないかと思われています。このマガンはいつも見る亜種とは違う亜種のように見えます。
ハヤブサ2羽 急上昇と急降下を繰り返していました。何か水面に浮かんでいるのかと見ると何も浮かんでいませんでした。ディスプレイ、冬前にやるのかな?
カワアイサ(メス)4羽 コライアイアサを探しているといつもカワアイサです。カワアイサが目当てだと嬉しいのでしょうけど。
その他の鳥 マナヅル、ナベヅル、ぼやけた朝日のツル、ミヤマガラスの集団(パンダ型カラスは含まれていなかった)、タゲリの集団(飛ぶと綺麗なのだが止まっているとレンズ向けないなー)、オオタカ幼鳥(僅かに見ただけ)、カラスに追われるチュウヒ
(その他) わが町の派手な漫画バス。

 以上

 観察範囲:福岡県、山口県、鹿児島県


 

Copyright © 「見て歩き北九州発」 All Rights Reserved.