見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目カラス科
ミヤマガラス 深山鴉 Rook Corvus frugilegus
全長47cm 冬鳥
生息場所:冬鳥として渡来し、平野の農耕地に生息する。 習性:群性が強く、生活のほとんどを群で行動する。目立つ木の枝や電線にむらがって止まり、田畑に降りて餌を食べる。大きな群で上空を旋回することも多い。 声:「ガァー ガァー」

■雌雄 同色
説明の写真
嘴の白さが特徴です。
200羽前後で群れていました。
冬期限定なので、カラスもよく見てみよう。

佐賀県 2005.1

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

■夏冬 第1回夏羽はくちばし基部に黒い羽が生えていて白くない。翼は褐色味が強い。
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
頭はデコボコです。


佐賀県 2005.1
説明の写真
頭はデコボコでない

のも、たまにいます。

熊本県 2011.3
説明の写真
月とミヤマガラス

ミヤマガラスの背景として月を入れてみました。

行橋市 2005.11
説明の写真
飛翔の姿


山口県 2008.2
説明の写真
ミヤマガラスは群れます。


熊本県 2011.3
説明の写真
ミヤマガラスは群れます。

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved