見て歩き北九州発 野鳥 一覧 カモ目カモ科
オオハクチョウ 大白鳥 Whooper Swan Cygnus cygnus  
全長140cm 冬鳥
生息場所:ユーラシア大陸北部やアイスランドで繁殖し、冬になるとヨーロッパ、カスピ海周辺、中国東部、朝鮮半島で越冬する。日本では冬に主に日本海側の本州以北に飛来する。池沼、大きな川、海岸、水田に生息する。 習性:飛び立つ時、足を交互に出して水面を助走する。 声:「コオー コオー」

■雌雄 同色
説明の写真
成鳥

九州にやって来た。

成鳥が九州に来るのは珍しいかも知れません。警戒心が強いので野生のようです。

福岡市 2007.1

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1
説明の写真
幼鳥

コハクチョウ幼鳥とオオハクチョウ幼鳥は似ています。
クチバシの長さ、額からのライン、黒い部分の面積が比較ポイントのようです。

山口県 2005.11

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
大きい

ホシハジロとの大きさ比較

オオハクチョウはやはりでかいです。

福岡市 2007.1
説明の写真
はばたき

おっとはばたいてくれました。
大きいので写真は頭がきれそうでした。

福岡市 2007.1
説明の写真
飛翔

さすがに野鳥です。遠くに飛んで行きました。

福岡市 2007.1
説明の写真
本場で

普通に見かけました。
複数でくつろいでいます。

北海道 2011.1
説明の写真
幼鳥飛翔

遠くに飛んで行きました。


山口県 2005.11
説明の写真説明の写真
ややこちら向きの顔 山口県 2005.11
説明の写真
カルガモと大きさ比較


山口県 2005.11
説明の写真
ここで何やら食べていました。


山口県 2005.11
説明の写真
地元に来て

くれました。幼鳥です。
ここに来る前には山口県で見られていたようです。ひょっとして同じ個体かも。
県内では他に成鳥3羽が出現し、他県でも話を聞きます。割と多い年かも知れません。
その後もずっと居てくれています。クリークに居たり海に居たりです。

北九州市 2014.12

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved