見て歩き北九州発 動物 チョウ目シジミチョウ科
ヤマトシジミ 大和小灰蝶 Pale Grass Blue
Pseudozizeeria maha Zizeeria maha (シノニム)
前翅長は9-16mm 春から秋、年5-6回発生
生息場所:日本では本州以南、関東以西でもっとも普通に見られる。主に平地の道端や耕作地周辺に生息し、人家周辺でよく見られる。 習性:幼虫はカタバミを食草としている。
説明の写真
オス

遠くから見て青さが目立ちます。

対馬 2007.5
説明の写真
メス

翅の表は黒っぽい。
街のお堀にいました。


佐賀県 2006.9
説明の写真
秋型オス

秋(低温期)のオスは、翅の表側は少し光沢のある空色で縁の黒っぽい部分はあまりありません。
メスは、翅の表側に青い鱗粉が出てきます。

山口県 2006.9
説明の写真
翅の裏面

交尾中のようです。

宮崎県 2007.7

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved