見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目ヒタキ科
コマドリ 駒鳥 Japanese Robin Luscinia akahige  
全長14cm 夏鳥
生息場所:夏季に日本・樺太・南千島で繁殖し、冬季に中国南部へ南下し越冬する。日本では夏季に繁殖のため夏鳥として渡来し亜高山帯の針葉樹林から、その下の広葉樹林の下草にササの繁った場所で見られる。 習性:口を上に向けて、胸を張ってさえずる。尾を良く立てる。地上を歩いたり、はねたりする。 声:さえずり:「ヒン カラカラカララララ」、「チー カララララ」、地鳴き:「ピッピッ」

■雌雄
説明の写真
オス

赤橙色です。
ササの繁みに居て、なかなか現れませんでした。


福岡市 2006.4

SWAROVSKI STS80HD (20-60zoom) + SONY DSC-W1

 メス  全体に色が淡い。

■夏冬 同色

■特徴など
説明の写真
さえずり

うるさいくらいの声です。
声はヒンカラカララの駒(馬)のようには聞こえませんでした。
しかし「けたたましい」のは似ています。

さえずりは藪の中が多いので姿は見られにくい。
さえずり中、尾を上げていることがあるようです。

コマドリの声


遠くにコマドリ、ウグイスなどの声も入っています。
広島県 2010.6
説明の写真
この年

良く出てくれてサービスは良かったです。

福岡市 2010.4

Canon EOS7D + EF400mmF5.6
説明の写真
尾を

上げています。ミソサザイみたいです。
ヨーロッパの伝承においてヨーロッパコマドリが神のオス、ミソサザイが神のメスだとされているのが伺えます。

北九州市 2011.11

Canon EOS7D + EF600mmF4 * 1.4
説明の写真
やはり尾を

・・・上げ気味。

さえずるときは、尾を上げてさらに拡げるようです。

北九州市 2011.11

Canon EOS7D + EF600mmF4 * 1.4
説明の写真
道路を正々堂々と

歩き回わっていたのは珍しい。


長崎県 2014.04

■亜種
  ・E. a. akahige  亜種コマドリ  中国、日本、樺太、南千島
  ・E. a. tanensis  亜種タネコマドリ  伊豆諸島南部・大隈諸島

 学名の akahige は、アカヒゲの学名 komadori と互い違いになっています。
 登録の際に取り違えられたと考えられています。


HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved