見て歩き北九州発  野鳥 一覧  スズメ目ムシクイ科
オオムシクイ  大虫食  Kamchatka Leaf Warber  Phylloscpous examinandus  
全長約13cm 旅鳥
【説明】 元々はメボソムシクイの亜種だったが、日本産鳥類目録第7版で独立種となった。 【生息場所】 夏季にカムチャツカ半島で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する。 日本では、旅鳥として少数が通過する。春の渡りは他の旅鳥に比べて遅く、5月中旬以降となる。林などで見られる。  【習性】 習性はメボソムシクイに似る。木の枝先で昆虫類、クモ類、虫の卵などを食べる。  【声】 「ジジロ ジジロ」、「ジッ・ジッ」

■雌雄 同色
説明の写真
ジジロと鳴き声が

したので、見たら下くちばしが黄色の個体だった。
これはやや離れた場所で撮影できた個体。
ジジロと鳴いた鳥と同じと思っています。

長崎県 2013.5

Canon EOS7D + EF600mmF4 * 1.4

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
特徴として

権威ある機関では、初列風切の第一羽(一番外側の初列風切)が短いとか、 下面の黄色味がメボソムシクイより淡いとあるようです。
しかし野外識別は難しいとのこと。

上と同じ個体
長崎県 2013.5

Canon EOS7D + EF600mmF4 * 1.4
説明の写真
別個体

これはくちばしが黄色くなく翼帯があり、上の個体とは違うようです。
この日、何人もが複数のジジロの声を聞いており、また誰も他のムシクイ類の声を聞いていません。 時期的にもオオムシクイの可能性が高い。

長崎県 2013.5
説明の写真
翼を上げた姿


長崎県 2013.5
 <旧亜種の説明>
旧 亜種名 新 種名 学名  さえずり
旧亜種メボソムシクイ メボソムシクイ P. xanthodryas 「ジョリジョリジョリ」
旧亜種コメボソムシクイ オオムシクイ P. examinandus 「ジジロ ジジロ」
旧亜種名なし(欧州〜ロシア〜北米の種) コムシクイ. P. borealis 「ジィジィリリリ」
  ※独立種となったのは、DNAと声紋から。

 <参考> 声(さえずりと地鳴き)
・オオムシクイ 「ジジロ ジジロ」 「ジジッ」、「ジッ」
・メボソムシクイ 「ジョリジョリジョリ」 「ジィッ」、「ジユッ」
・センダイムシクイ . 「チヨチヨ ピー」と鋭い声 . 「ツィ、ツィ」、「フイッ、フイッ」
・エゾムシクイ 「ヒッツッキー」 「ピッ、ピッ」と大きな声
   
 
HOME   RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved.