見て歩き北九州発 野鳥 一覧 スズメ目センニュウ科
エゾムシクイ 蝦夷虫食 Pale-legged Willow Warbler Phylloscopus borealoides  
全長11-12cm 九州では旅鳥
生息場所:ロシア東部や日本中部以北で繁殖し、冬季は東南アジアに渡って過ごす。樹林内に生息する。 習性:樹林内を渡り歩き、枝の下側、葉の裏などに空間を利用して飛びついて虫を捕らえる。声:さえずり:「ヒッツッキー」、「ツーチー ツーチー」、地鳴き:「ピッピッ」

■雌雄 同色
説明の写真
「ヒー ヒー」と

聞こえました。
「ヒッツッキー」の真中の「ツッ」が聞こえなかったのかも知れません。

体の色は茶系が強い。
足はピンク色。


山口県 2011.4

Canon EOS7D + APO500mmF4.5

■夏冬 同色
■亜種(国内) なし

■特徴など
説明の写真
頭の色は

背の色と違うのが特徴ですが、写真では、その特徴を写せませんでした。

山口県 2011.4

説明の写真
やや正面から


山口県 2011.4


 <参考> 声(さえずりと地鳴き)
・オオムシクイ 「ジジロ ジジロ」 「ジジッ」、「ジッ」
・メボソムシクイ 「ジョリジョリジョリ」 「ジィッ」、「ジユッ」
・センダイムシクイ . 「チヨチヨ ピー」と鋭い声 . 「ツィ、ツィ」、「フイッ、フイッ」
・エゾムシクイ 「ヒッツッキー」 「ピッ、ピッ」と大きな声
   

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved