見て歩き北九州発 野鳥 野鳥オモシロ生態ショット
白変・バフ変・濃色化・黒化
小鳥からカモ類までさまざま
 通常とは違う体の色を持つ個体を集めてみました。
アルビノ メラニンの遺伝情報の欠損による白化。体中に色素が全く存在しないので毛細血管が透けて瞳が赤く見える。
白変・バフ変 遺伝子は正常でメラニン色素はあるが減少している。
黒化(メラニステック) メラニン色素が過剰
 ※アルビノと白変・バフ変について、遺伝学的・生理学的に、この両者は全く異質のもの。

 <白変>
説明の写真説明の写真
 セキレイ類(白変)。こう白くてはハクセキレイかセグロセキレイかわかりません。
 鳴き声を確認できれば分かるのですが、鳴きませんでした。
 豊津町 2003.8 FUJI FinePix S602
  ・ハクセキレイ   「チチッ チチッ」と濁らない。
  ・セグロセキレイ 「ジジッ ジジッ」と濁る。
説明の写真
モズ(白変)

全身真っ白です
ただし目の色は普通ですので、遺伝情報の欠損によるアルビノではなさそうです。

モズ白変

熊本県 2011.12
Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
ハシブトガラス(白変)

顔を除いて真っ白です
ここ数年いるようです。

ハシブトガラス白変

熊本県 2016.11
Canon EOS7D + EF500mmF4L IS2 * 1.4
説明の写真
ホシハジロ(白変)

メス。体の一部が白っぽくなっています。


長崎県 2014.11

 <バフ変>
説明の写真
ツグミ(バフ変)

白っぽいが模様が見えるバフ変です。

ツグミバフ変

愛知県 2018.2
説明の写真
ヒヨドリ(バフ変)

頬を除いて薄いバフ色です


長崎県 2017.4
説明の写真
コガモ(バフ変)

カモ類は、バフ変が多い、この頃毎年1羽は見られます。

北九州市 2012.3
Canon EOS7D + EF600mmF4L * 1.4
説明の写真
カルガモ(バフ変)

中央奥


苅田町 2011.3
説明の写真
マガモ・メス(バフ変)

左上の白いのがそうです。メスのようです。

大分県 2010.1
説明の写真
マガモ・オス(バフ変)

尾がカールしているのでオスのようです。

島根県 2017.1
説明の写真
ハマシギ(バフ変)

色が薄くなっています。
この個体は翌年も見られました。


北九州市 2015.1
説明の写真
シロハラ(バフ変)

背などが薄くなっています。

大分県 2015.1

 <濃色型>
説明の写真
カナダヅル
(手前:濃い)

色が濃い。色素が多いと見られています。

出水市 2013.1

 変色?ジョウビタキ 背中・腰の色が普通と違います。 宮崎県 2016.3
 ⇒換羽失敗との説、セアカジョウビタキ交雑との説、もあります。
説明の写真
 
説明の写真
ヤマガラ(濃色化)

亜種オーストンヤマガラに似ていますが、亜種や別種ではないようです。 三宅島や八丈島で見たものではないし、頭及び喉の黒色部が灰色がかっています。特に喉は栗色に近く見えます。

時々こういうのが出現し、「愛染ヤマガラ」とか「弁慶ヤマガラ」と呼ばれるようです。
広島県 2015.11

 <黒化型>
説明の写真
シロハラ(黒化型)

最初、クロウタドリ幼鳥ではないかと騒がれたものです。


長崎県 2009.1

 シロハラ(左)とシロハラ黒化型(右)
 鳥の黒化は珍しい方と思います。 長崎県 2009.1
説明の写真
 
説明の写真
アアオサギ(黒化型?)

やや黒っぽいです。
⇒黒化型でなはく、たんに幼鳥が換羽中のようです(^^)ゞ


2004.05 行橋市

HOME  RETURN
Copyright 2002〜 見て歩き北九州発 All Rights Reserved